Javaを学ぶのはナンセンス?職はあるものの高年収期待できず

ビズリーチが公表した「プログラミング言語別年収ランキング2018」が話題。Javaでは高年収が期待できないことが如実に表されていたという。

このランキングは、ビズリーチが運営する求人検索エンジン「スタンバイ」に掲載されている正社員の求人情報(約324万件)から、プログラミング言語名が含まれる求人情報の提示年収の中央値を集計したものだ。調査では、1位が「Go」、2位が「Scala」、3位が「Python」という結果だった。

1位のGoは、米グーグル(Google)が開発したプログラミング言語だ。並列処理などを記述しやすいため、これまでC言語で記述していたWebシステムのバックエンド処理の高速化などに利用される。ビズリーチによれば、求人数は昨年比で1.9倍になっているという。


【億トレ】2018年8月の成績は「25勝19敗」月利は約34%~最大約68%(※ある資金管理法での運用の場合)という結果になりました!



Javaは求人数は多いが年収は14位に
ランキングを見ると、システム開発で多く利用されている「Java」がランクインしていないことに気付く。調査結果では、Javaの求人数は3万4000件と多いものの、昨年比では3割減少しているという。年収の中央値は500万円で14位にとどまる。つまり、Javaを学べば職はあるものの、高額な年収は期待できないということだ。

続きはソース元で
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00138/082900134/

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000034075.html

続きを読む

Source: IT速報

Source: ごっつ仮想通貨FX


【億トレ】2018年8月の成績は「25勝19敗」月利は約34%~最大約68%(※ある資金管理法での運用の場合)という結果になりました!





ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法をお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。お問い合わせは、コチラからどうぞ♪

ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪

お問い合わせ