2018年7月31日のFX為替相場予想

【本日の予想通貨ペア】(欧州時間まで)

ユーロドル 1.1704 上昇 (4時間足)↑
予想レンジ 1.1680~1.1765

【THV V4による分析】

上昇トレンドが継続しています
特に変更はありません

THV V4の詳しい利用方法はこちらをご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【前日の概要】
─────────────────────

NYダウは-76ドル安、日経平均株価も-167円安の22544円で引けました。

ドル円は111円付近で推移ドルストレートの上昇によりクロス円は買われています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【前日の結果】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・ダウ平均・・・・25306.83(-144.23 -0.57%)
・日経平均・・・・22470(-145.00 -0.64%)
・NY金先物・・・・1231.50(-1.20 -0.10%)
・NY原油先物・・70.13(+1.44 +2.10%

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【経済指標】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★
17:30 (英) 6月消費者信用残高
前回:14億ポンド 予想:13億ポンド 結果:16億ポンド
★★★
18:00 (ユーロ) 7月経済信頼感
前回:112.3 予想:112.0 結果:112.1
★★★
18:00 (ユーロ) 7月消費者信頼感(確定値)
前回:-0.6 予想:-0.6 結果:-0.6
★★★
21:00 (独) 7月消費者物価指数(CPI、速報値)(前月比)
前回:0.1% 予想:0.4% 結果:0.3%
★★★
23:00 (米) 6月住宅販売保留指数(前月比)
前回:-0.5% 予想:0.1% 結果:0.9%

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本日の戦略】
─────────────────────

★━ ポイント ━━━━━━━━━━━
▽弱気材料:ナスダックへの売り
△強気材料:米利回りの上昇
◆ドル円は111円付近でのレンジ相場
◆クロス円は買い優勢
◆米10年債利回りは2.975%へ上昇
◆ドルストレートは全体的に上昇
◆米国株はナスダックが安い
◆欧州株は小幅安
◆原油は70ドル台へ上昇
◆金は-3ドル安
◆昼ごろ、日銀会合の結果公表
◆8時1分に英7月GFK消費者信頼感調査が発表
◆8時30分に日本の6月雇用統計が発表
◆8時50分に日本の6月鉱工業生産が発表
◆10時に中国7月製造業PMIが発表
◆10時30分に豪6月住宅建設許可件数が発表
◆16時55分に独7月雇用統計が発表
◆18時に欧7月消費者物価指数などが発表
◆21時30分に米6月個人消費支出などが発表
◆22時に米5月ケース・シラー米住宅価格指数が発表
◆22時45分に米7月シカゴ購買部協会景気指数が発表
◆23時に米7月消費者信頼感指数が発表
◆日経平均先物は-56円安の22488円
☆日銀会合の結果を前に様子見と予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<ドル円の上値は重いがクロス円は買われる>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨晩のNYダウは売りに押され、-144ドル安と続落して引けました。

ナスダックが-1%超続落したことで、連れ安となっています。

ドル円も一時110.90円まで売られましたが、下がったところでは買いが入っており、現在は111円台へ戻しています

ドルストレートが全体的に上昇したことで、クロス円も連れ高となりました。

米10年債利回りは2.975%へ上昇株安ではありますがリスク回避の動きは出ていない様子

▼米10年債利回り

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<原油は70ドル台へ上昇>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

来週から米国がイラン制裁の第1段がスタート、イランの減産が本格化することから、原油価格は70ドル台へ上昇しました。

今のところ株や為替へ影響はありませんが、地政学的リスクが高まるようであれば今後注意が必要でしょう。


【億トレ】2018年10月の成績は「31勝24敗」月利は約32%~最大約64%(※ある資金管理法での運用の場合)という結果になりました!



一方、ユーロ高により金は下げ渋り、1200ドル台前半での推移が続いています

<米主要企業決算発表予定>

31日(火)
アップル
ファイザー

8/1(水)
メットライフ
テスラ

2日(木)
モトローラ

▼原油(日足)

▼金(日足)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<ドル円 オーダー状況>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

113.20円 売り
113.00円 売り厚め
112.80円 売り
112.50円 売り
112.30円 売り
112.00円 売り、OP31日NYカット
111.40-80円 断続的に売り
111.30円 売り厚め・超えるとストップロス買い

111.04円 7/31 6:00現在(7/30 高値111.17円 - 安値110.89円)

110.50-80円 断続的に買い
110.00-30円 断続的に買い
109.80円 買い
109.50-60円 断続的に買い
109.10円 割り込むとストップロス売り
109.00円 買い

日経平均先物は、時間外で-56円安の22488円と続落しました。

ドル円が111円台を維持しているため売り一巡後は買戻しに期待できますが、日銀会合の結果公表を前に積極的な買いは入りづらそうです。

ドル円の上値は111.10円や111.50円がレジスタンスライン下値は10銭ごとに買い注文が貯まっています

▼ドル円板情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【経済指標】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★★
日銀金融政策決定会合
★★★
08:01 (英) 7月GFK消費者信頼感調査
前回:-9 予想:-9
★★★
08:30 (日) 6月失業率
前回:2.2% 予想:2.3%
★★★
08:30 (日) 6月有効求人倍率
前回:1.60 予想:1.60
★★★
08:50 (日) 6月鉱工業生産・速報値(前月比)
前回:-0.2% 予想:-0.3%
★★★
10:00 (中) 7月製造業購買担当者景気指数(PMI)
前回:51.5 予想:51.3
★★★
10:30 (豪) 6月住宅建設許可件数 (前月比)
前回:-3.2% 予想:1.0%
★★★
16:55 (独) 7月失業者数(前月比)
前回:-1.5万人 予想:-1.0万人
★★★
16:55 (独) 7月失業率
前回:5.2% 予想:5.2%
★★★
18:00 (ユーロ) 7月消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
前回:2.0% 予想:2.0%
★★★
18:00 (ユーロ) 4-6月期四半期域内総生産(GDP、速報値)(前期比)
前回:0.4% 予想:0.4%
★★★
18:00 (ユーロ) 4-6月期四半期域内総生産(GDP、速報値)(前年同期比)
前回:2.5% 予想:2.2%
★★★
18:00 (ユーロ) 6月失業率
前回:8.4% 予想:8.3%
★★★
21:30 (米) 4-6月期四半期雇用コスト指数(前期比)
前回:0.8% 予想:0.7%
★★★
21:30 (米) 6月個人消費支出(PCE)(前月比)
前回:0.2% 予想:0.4%
★★★
21:30 (米) 6月個人所得(前月比)
前回:0.4% 予想:0.4%
★★★
21:30 (米) 6月個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)
前回:0.2% 予想:0.1%
★★
22:00 (米) 5月ケース・シラー米住宅価格指数
前回:210.17 予想:-
★★
22:00 (米) 5月ケース・シラー米住宅価格指数(前年同月比)
前回:6.6% 予想:6.4%
★★
22:45 (米) 7月シカゴ購買部協会景気指数
前回:64.1 予想:61.9
★★★
23:00 (米) 7月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)
前回:126.4 予想:126.5

【期間限定】 50万円を1年で6900万円にした投資法」とは? ランキングNO.1!

Source: 【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想


【億トレ】2018年10月の成績は「31勝24敗」月利は約32%~最大約64%(※ある資金管理法での運用の場合)という結果になりました!





ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法をお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。お問い合わせは、コチラからどうぞ♪

ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪

お問い合わせ