App Store 審査ガイドラインが変更 デバイス上での仮想通貨マイニング禁止、広告の閉じるボタン、連絡先へのアクセス制限など

1: 2018/06/14(木) 13:32:16.87 ID:CAP_USER9
これは2018年6月4日付けで変更された App Store 審査ガイドラインの翻訳&差分ガイドです。
前回からの主な変更点は、iOS 12 関連、試用期間、仮想通貨、リモートデスクトップ、プライバシー周りなどです。
試用期間は、これまでサブスクリプションで対応していましたが、これからは非消耗型アイテム (Tier 0) で対応可能です。
仮想通貨について、特にデバイス上でのマイニングは 2.4.2 と 3.1.5 で釘を刺されています。
リモートデスクトップについては、直近の Steam Link 騒動を受けて変更したかのような内容。これなら iOS 版の Steam Link が配信できるかも。
プライバシー周りは、全体的に変更されています。おそらく、GDPR を意識したものかと思われますが、GDPR の対象関係無く対応が必要です。明示的に GDPR が登場するのは、5.1.1 と 5.1.4 の 2 箇所だけ。改修が多そうなのは、広告のターゲティング情報開示や同意取消あたりでしょうか。
https://qiita.com/midnightSuyama/items/d1addebbc9a620d28eaa

3.1.5 (b) Cryptocurrencies:
● (ii) Mining: デバイス上での仮想通貨マイニングは不可。
Apps may not mine for cryptocurrencies unless the processing is performed off device (e.g. cloud-based mining).


【億トレ】2018年9月の成績は「23勝26敗」月利は約-19%~最大約-38%(※ある資金管理法での運用の場合)という結果になりました!



● (iii) Exchanges: 取引所公式であれば仮想通貨取引の促進が可能。
Apps may facilitate transactions or transmissions of cryptocurrency on an approved exchange, provided they are offered by the exchange itself.

● (v) 成果報酬として仮想通貨の提供は不可。
Cryptocurrency apps may not offer currency for completing tasks, such as downloading other apps, encouraging other users to download, posting to social networks, etc.

3.1.7 Advertising:

表示する広告はアプリのレーティングに準拠。アプリ内でターゲティング情報を開示。ユーザの機密データを利用した広告は不可。ユーザ体験を妨げる広告には広告明記と閉じるボタンが必須。

5.1.2 Data Use and Sharing
(v) 「連絡先」や「写真」経由の情報で連絡は不可。ユーザ主導かつ全選択機能がなければ対象外。送信前には内容の明示が必要。

eca1711170500002-p1

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1528950736/

    <!-- Generated by 2chまとめくす (http://2mtmex.com/) -->

続きを読む

Source: 仮想通貨まとめNews

Source: ごっつ仮想通貨FX


【億トレ】2018年9月の成績は「23勝26敗」月利は約-19%~最大約-38%(※ある資金管理法での運用の場合)という結果になりました!





ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法をお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。お問い合わせは、コチラからどうぞ♪

ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪

お問い合わせ